特産物

八尾ローカルの ごっつぉ

八尾ローカルの「ごっつぉ」を食す。

八尾は季節ごとの地野菜が豊富な農業王国だ。
それらを使った料理は家庭でも簡単にできるし、旬には地元店のお品書きを飾る。
文字通り「おいしいネタ」を知らずして八尾にいるなんて、もったいないじゃないですか。

八尾郷土料理 クッキングに挑戦すべし
八尾に昔から伝わる家庭料理の数々を、郷土料理研究会代表の堀井美紀子さんに作っていただいた。
八尾の気候や人々の生活を考えると「なるほど」と思えるものばかり。
豪華ではないけどヘルシーな人気モノをあなたの食卓にも。


まずは「おかいさん」の話から。
奈良、京都、そして河内などで古くから食べられてきた(粘りが強くなる順とも言われる)。
ただし河内に茶粥が広まったのは江戸時代で、朝粥のほか農作業の途中で食べられる食事としても、香ばしいお茶の香りでほっこりする一品としても重宝されてきた。
質素倹約のイメージだが、八尾では神事にも残っている由緒正しき料理。「ちゃがい」「おかいさん」と呼ぶ人も多く、八尾の郷土料理を語る上では外せないソウルフードです



 
料理製作・解説

八尾市教育委員会初代栄養士として八尾の学校給食に郷土料理を採用する。

現・大手前栄養学院講師。
漫画『美味しんぼ』77巻(日本全県味巡り・大阪編)でも実名で登場しています。

©雁屋 哲・花咲アキラ/小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ連載中

関連情報