本文へジャンプ

もりもとしちろべえきゅうたくあと
森本七郎兵衛旧宅跡

歴史遺産

前のページへ戻る

説明板
説明板

現在の大阪東信用金庫本店の敷地は、八尾寺内町を建設した森本七郎兵衛貞次(もりもとしちろべえさだつぐ)(行誓居士)の旧宅跡でした。森本は、もともと久宝寺寺内町の年寄[としより]でしたが、慶長(けいちょう)11年(1606)11月11日に仲間16名とともに代官の不法を訴えて立ち上がりました。しかし、徳川幕府は、代官らの肩を持ちました。一方、森本たちに対しては、新しい町づくりを許可します。これが八尾寺内町です。 八尾寺内町は、新しくつくられた真宗大谷派(東本願寺派)の八尾別院大信寺(やおべついんだいしんじ)を中心に町が整備されました。八尾寺内町は在郷町(ざいごうまち)として発展し、現在の八尾市の基盤づくりに貢献しました。 【出典:『史跡の道・ステンレス説明板』(八尾市教育委員会)】

*説明には一部現状と異なる場合があります。

インフォメーション


このページのトップへ

指定文化財未指定
時代江戸
施設情報レンタルサイクル:近鉄「八尾」駅にあり
見どころすぐ横の公園に「八尾街道」の説明石板あり
小学校区八尾小学校区
所在地八尾市本町2丁目8-1
交通ルート近鉄「八尾」駅から徒歩約5分/近鉄バス・大阪市営バス「八尾市役所前」から徒歩約2分
最寄駅近鉄「八尾」駅/近鉄バス・大阪市営バス「八尾市役所前」
電話番号
FAX番号
HPアドレス

このページのトップへ