本文へジャンプ

あさのけじゅうたく
浅野家住宅

歴史遺産

前のページへ戻る

浅野家住宅
浅野家住宅

平成16年11月に、主屋、乾蔵、巽蔵、東納屋、南納屋が国登録有形文化財になりました。主屋は、嘉永元年の祈祷札が発見され、乾蔵とともに、江戸時代末期の建築です。当時の建築様式を良く保っており、久宝寺寺内町で最も古い町家の一つとして、貴重なものです。また、5棟の建造物全体が、寺内町の屋敷景観を良く残しています。 【出典:『ステンレス製説明板』(八尾市教育委員会)】

*説明には一部現状と異なる場合があります。

インフォメーション

登録有形文化財
登録有形文化財

このページのトップへ

指定文化財国登録有形文化財
時代江戸
関連する文化財など久宝寺寺内町
見どころ往時の寺内町の景観をしのばせてくれる町屋
備考最寄りの史跡など:高田家住宅(国登録有形文化財)、許麻神社、許麻橋地蔵尊、顕証寺
小学校区久宝寺小学校区
所在地八尾市久宝寺5丁目4-76
交通ルートJR「久宝寺」駅から徒歩約10分/大阪市営バス「久宝寺」から徒歩約5分
最寄駅JR「久宝寺」駅/大阪市営バス「久宝寺」
電話番号
FAX番号
HPアドレス

このページのトップへ