本文へジャンプ

歳時

五十音順に並べ替える

【27件中 16~20を表示しています。全6ページ】 前ページへ 1 2 3 4 5 6 次ページへ

だいはんにゃえ(じょうこうじ)
大般若会(常光寺)

「八尾地蔵」の名で古くから親しまれ、河内音頭発祥の地としても知られる常光寺で4月に行われる大般若会。
 境内に閻魔大王や地蔵菩薩、稚児などが練り歩き、家内安全や町内繁盛を願う春の伝統行事です。

なつまつり(おんぢじんじゃ)
夏祭り(恩智神社)

恩智の東方恩智山の中腹にある恩智神社において行われ、古くは、おんはらい祭と言い、住吉大社まで渡御していました。蒲団(ふとん)太鼓や神輿が131段の階段を駆け降りるさまは河内の名物となっています。

じょうこうじのじぞうぼんおどり
常光寺の地蔵盆踊り

「八尾地蔵」の名で古くから親しまれ、河内音頭発祥の地としても知られる常光寺で毎年8月に地蔵盆踊りが行われます。
 この盆踊りは、約600年前から伝わると言われる「流し節」が聴ける唯一の盆踊りとして有名で、全国から多くのファンが集まります。

とんど(しぶかわじんじゃ)
とんど(渋川神社)

物部氏の本拠地でありその祖神をまつったものといわれている渋川神社で、しめ縄などの正月飾りを燃やし、1年の家内安全と無病息災を祈ります。

ついなしき(やおてんまんぐう)
追儺式(八尾天満宮)

「八尾の天神さん」と親しまれ八尾寺内町の鎮守である八尾天満宮で行われる、節分の日に鬼を退治して無病息災を願う伝統行事。一時中断された時期もありましたが平成12年に復活しました。
 豆まき神事のあと、たいまつを持った赤鬼・青鬼・黒鬼が登場。「ウォー」とおたけびをあげながら境内を所狭しと暴れまわる鬼の勢いに参詣者らから歓声が飛びかいます。三鬼が拝殿に駆け上がろうとしたところで鬼追い神が登場して三鬼を追いやり、そのあと獅子舞・お多福・大天狗・小天狗が続きます。お多福は参詣者の幸を願って鈴を鳴らしながら境内を練り歩きます。最後は鬼追い神が三鬼に矛を突きつけて鳥居前まで追い出します。

【27件中 16~20を表示しています。全6ページ】 前ページへ 1 2 3 4 5 6 次ページへ

このページのトップへ